METHODにんにく栽培方法と育て方のコツ

紅色根腐病(こうしょくねぐされびょう)

にんにく病気 紅色根腐病の特徴・対処法 にんにくの栽培方法と育て方のコツ  紅色根腐病の特徴・対処法

【病原体】

  • 糸状菌(カビ)の一種で、土壌病原菌です。ネギ属植物のほか、バレイショやナガイモ、キュウリ、トマトなど多くの植物に感染発病します。

【診断のポイントと症状】

  • 根に感染し、発病します。
  • はじめ根の一部の表面が薄いピンク色に変色し、やがて赤く水浸状から暗赤紫色となって腐敗します。根の1/4以上が赤く変色するようになると葉の先端が黄変しはじめ、土壌が乾燥して根での発病が増加すると葉先枯れが進行します。
  • 根が腐敗すると水分補給が困難になるため葉先枯れが株全体の葉に広がり、このような株では鱗球は大きくなりません。
  • 本病で株が枯死することはありませんし、鱗球全体が腐敗することもありません。

【発生の原因】

  • ニンニク連作や他の感染した作物の後作などで発生します。
  • ウイルス感染した種子では、ウイルスフリー種子に比べて発病しやすく、被害も大きいです。
  • 降雨が少ない乾燥年やハウス栽培などで発生しやすいです。

【対策と防除】

  • 緑肥作物などを組み合わせて輪作した圃場で栽培する。
  • 土が乾燥しないように、適切な水分管理をしましょう。
  • やむを得ず被害が激しい圃場で連作する場合は、必ず被覆して土壌消毒しましょう。
おすすめの農薬
  • ラグビーMC粒剤(土壌消毒)
  • ネマトリンエース(土壌消毒)

にんにく栽培方法や育て方、
なんでもお気軽にご相談ください

見た事がない症状や調べてもわからないことなど、写真を添えてメールでご相談ください。
一緒においしいにんにくを育てましょう!

メールでお問い合わせ

にんにく専門農家 農業生産法人株式会社よしだや 事業内容 業務用にんにくをお探しの方へ 個人のお客様へ
青森県のにんにく専門農家 農業生産法人株式会社よしだや流 にんにく栽培方法・育て方青森県のにんにく専門農家 農業生産法人株式会社よしだや流 にんにく栽培方法・育て方