infoインフォメーション

よしだやの栽培理念

にんにくのよしだ家独自の規格を展開していくことに伴い、栽培理念を作成いたしました。
独自の規格に至ることになった経緯も記してありますので、ご一読いただければと思います。


よしだやの栽培理念

■健康な土壌作り
作物を育てる上で一番大切と言っても過言ではない「土壌」。その土作りに必要とされる要素が「化学性」「物理性」「生物性」の3つと言われています。簡単に言うと、土壌作りには土の養分、微生物の活発さ、水や空気の移動などが重要になってくるということです。これらの要素が1つでも崩れてしまうと、良い土作りはできませんし美味しいにんにくを作ることもできません。
そこでよしだやでは、より良い土壌環境をバランス良く保つため、土の中にボカシ肥料という有機物を入れて栽培しています。そうすることで微生物の種類が増えるだけでなく、活発力もアップ。さらには、土壌の保水性や通気性なども上がり、作物への病気の心配もなくなるというわけです。栄養あるにんにくを作るために、まずは健康な土壌環境を作り出し、維持することがとても大事になってきます。

そして、有機物を使用しての栽培に切り替えて3年。 “できるだけ農薬を少なくしたい“そんな思いを掲げ「農薬を少なくした場合、どうなるのか」と日々研究し、徐々に農薬の使用回数を減らしています。
さらによしだやでは、お客様へ安心・安全なにんにくをお届けできるよう「土壌微生物多様性・活性値分析」も定期的に行っております。その試験結果は下記リンク先をご覧ください。

土壌微生物多様性・活性値報告書

これは、土の中にいる微生物がどれだけ有機物を分解できる能力を持っているかを評価するもので、数値が100万を超える土壌は「豊かな土壌、農産物がおいしい、病気が起こりにくい」とされています。こういった分析方法も取り入れ、土壌改良に日々チカラを入れています。

■栄養価の高い健康なにんにく作り
土壌環境が整うと作物にも結果が現れ、栄養価の高いにんにくを育てることができます。一般的なにんにくの糖度が約35度と言われていますが、よしだやではその数値を7度上回る「42度」を目標として設定。これは、土壌環境が豊かであるからこそ目指すことのできる数値でもあります。さて、どうして糖度を上げるのか、気になる方も多いと思います。それは、糖度が上がることで食味が良くなるのはもちろん、保存性も高くなるという利点があるためです。
より良いものを提供したいという生産者と、美味しいものを食べたいという購入者、どちらにとっても嬉しいことばかり。皆さまに最高のにんにくをお届けできるよう、土作りから一つ一つ心を込めて育てています。

また、市場で出回っているにんにくのほとんどが形や大きさで規格分けされていますが、実のところ味は一緒なのです。形がキレイで大きいからといってそれが必ずしも美味しいものとは限りませんし、反対ににんにくの皮が割れているからといってそれが味に関係してくるわけでもありません。
よしだやでは、そういった規格にとらわれず野菜本来の美味しさをお届けしたいという思いがあるため、2021年から新たに独自の規格を設け、販売することといたしました。

■作る人、食べる人、関わる全ての“人”の健康へと繋がる
豊かな土壌を作り、高品質なにんにくを栽培。この2つが整うと必然的に“人”の健康へと繋がると私どもは考えております。“人”というのは、作る人や食べる人などにんにくに関わった全ての人たちのことを指していて、土壌、作物、人、この3つどれか1つ欠けても健康には繋がりません。栄養たっぷりなにんにくを食べることで体が健康になることはもちろんですが、土壌との触れ合いや美味しい作物との出会いが自然と人の笑顔に繋がり、心も健康になると思っています。

私どもにとってにんにくは我が子も同然。一つ一つ大切に育てたからこそ、どこへ行ってどう使われているのかと心配にもなります。よしだやでは「愛情をたっぷり注いだから最後まで見届けたい」「お客様に新鮮な作物をお届けしたい」といった特別な思いがあるため、高品質なにんにくを自分たちの手でお客様に直接販売をしています。人の体だけでなく心も豊かになる、まるで魔法のようなにんにく。皆さまの食卓へ「幸せのカタチ」をお届けできるよう“お手伝い”させていただきます。

にんにく栽培方法や育て方、
なんでもお気軽にご相談ください

見た事がない症状や調べてもわからないことなど、写真を添えてメールでご相談ください。
一緒においしいにんにくを育てましょう!

メールでお問い合わせ

にんにく専門農家 農業生産法人株式会社よしだや 事業内容 業務用にんにくをお探しの方へ 個人のお客様へ
青森県のにんにく専門農家 農業生産法人株式会社よしだや流 にんにく栽培方法・育て方青森県のにんにく専門農家 農業生産法人株式会社よしだや流 にんにく栽培方法・育て方